So-net無料ブログ作成

Sweet and low [読書]

急にテニスンのことを思い出しました。
対訳テニスン詩集―イギリス詩人選〈5〉

対訳テニスン詩集―イギリス詩人選〈5〉

  • 作者: テニスン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫
 
イン・メモリアム

イン・メモリアム

  • 作者: テニスン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1934/08
  • メディア: 文庫
イノック・アーデン

イノック・アーデン

  • 作者: アルフレッド テニスン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本
テニスンを知ったのは、実家にあった英語のレコード(叔父が使っていた教材用のソノ・シート)でした。
初めて聴いたのは小学生の時だったと思いますが、何度も聴いて覚えた歌がありました。
歌詞は♪Sweet and low,Sweet and low~♪で始まるものでした。
ゆったりとしたメロディーが素敵なこの曲をいい加減な英語で歌っていた記憶があります。
高校3年の頃、偶然ファンシーなノートの隅にこの歌詞が書かれていて驚いたことがあります。
 
SWEET and low, sweet and low,
  Wind of the western sea,
Low, low, breathe and blow,
  Wind of the western sea!
Over the rolling waters go,         
Come from the dying moon, and blow,
  Blow him again to me;
While my little one, while my pretty one, sleeps.
 
Sleep and rest, sleep and rest,
  Father will come to thee soon;         
Rest, rest, on mother’s breast,
  Father will come to thee soon;
Father will come to his babe in the nest;
Silver sails all out of the west
  Under the silver moon:         
Sleep, my little one, sleep, my pretty one, sleep.
 
 楽譜はこちらでダウンロードできるようです。
 
 
The Singing Club

The Singing Club

  • アーティスト: Anonymous, Thomas Arne, Sir Joseph Barnby, Jonathan Battishill, Sir Henry Rowley Bishop, John (ii) Hilton, William Lawes, Robert Lucas Pearsall, Henry Purcell, Thomas Ravenscroft
  • 出版社/メーカー: Musique D'Abord
  • 発売日: 2005/07/11
  • メディア: CD
このCDに入っていました!(21曲目で試聴できます。)
 
 
Music To Hear

Music To Hear

  • アーティスト: Sir Joseph Barnby, E. J. Moeran, Robert Lucas Pearsall, Geoff Richards, John Rutter, George Shearing, Arthur Sullivan, English Traditional, Ralph Vaughan Williams, Brian Kay
  • 出版社/メーカー: Somm
  • 発売日: 1997/02/18
  • メディア: CD
こちらでは10曲目で試聴できます。
 
両方とも合唱曲になっていますね。
 
Sir Joseph Barnbyという作曲家は全く知らなかったのですが、検索したら讃美歌のCDばかり出てきます。
 

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 4

nyankome

ゆったりとした、穏やかな曲ですね。

Joseph Barnby(1838-96)を調べてみると、作曲家、指揮者と紹介されていますね。"Ave Maria"で有名なCharles Gounodのあとを継いで、亡くなるまでRoyal Albert Hall Choral Societyの指揮者であったとあります。また、ギルドホール音楽学校の楽長も務めたようです。
by nyankome (2007-02-17 11:27) 

アートフル ドジャー

2つとも未聴ですね。試聴してみよ~っと。
by アートフル ドジャー (2007-02-18 15:29) 

Cecilia

nyankomeさん、nice&コメントありがとうございます!
Barnby・・・プロテスタントの作曲家のような気がしますが(テニスンは牧師の息子だったようですし・・・)、グノーの後を継いでいるのですね。
グノーも敬虔な感じの音楽をたくさん作曲していますが、たぶんカトリックですよね。(グノーの「サンタ・チェチリア荘厳ミサ曲」とか「悔悟」とか好きです。)
by Cecilia (2007-02-19 08:13) 

Cecilia

アートフル ドジャーさん、nice&コメントありがとうございます!
試聴だけでもかなり満足できますよ!
歌の場合は短いので丸ごと試聴できることも多いです。
(特に外国のAmazonだと。)
by Cecilia (2007-02-19 09:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。